イメージ1

住宅ローンの金利選択

住宅ローンを組む場合、金利を比較して、より効率の良いところでローンを組みたいです。そのためには、いくつかの金融機関の金利を比較計算して、最も良いところを選択する必要があります。

住宅ローンの金利には、固定金利と変動金利があります、固定金利は、ローンを組んだ際の金利が、返済終了まで変わりません。当然、返済金額も変わりません。変動金利の場合は、半年ごとに金利が変わるため、必然的に返済金額も変わる可能性があります。変動金利の方がリスクは高いですが、その分得をする可能性もあります。現在の日本では、住宅ローンを組み始めるとき、固定金利を選択する人が半数以上ですが、返済期間が短い場合や、リスクが上がっても返済が可能なだけの収入予定がある人は、変動金利を選択する場合もあります。ただし、予測は出来ても確定できないのが変動金利であることを、念頭に置かなければなりません。

固定金利と変動金利を切り替える場合もありますが、それも計算した上で行うのが、リスクが低い選択でしょう。各個人の条件によって、このリスクは変動します。

また、選択した金利の状態によっては優遇期間が設けられている場合もあります。その期間や待遇内容は、金融機関やローンの種類によって異なるため、適応される条件の場合は、この部分も念頭に置いて金利を計算する必要があります。

当サイトでは、住宅ローンにおける金利の計算方法や、よりお得なプランでローンを組むコツなどを紹介していきます。

住宅ローンの金利選択

サンプル
お得なローン返済

最も一般的な住宅ローンの返済方法は、元利金等返済と呼ばれるタイプものです。毎月の返済金額が一定のまま変わることがないので、計画通りにコツコツと返済したい人におすすめです。返済金額が変わるリスクもないため、大きな得をすることはないですが、高いリスクを負わずに、プラン通りに返済することが出来ます。一般的な家庭の住宅ローンや、金融時事・・・

サンプル
金利計算とシステム

住宅ローンの金利を計算する場合、必要な項目は総支払額と金利、返済年数及び回数です。これらの項目を入力すると、自動で数値を出してくるサービスサイトがたくさんあるので、金融機関の比較検討の場合は、使用してみるのがおすすめです。 返済方法等のパターンを変えて、どの方式が自分の所得や生活と比較して合っているのかを導き出すのも重要です・・・